ローンと奨学金はちがうもの|お金がなくても勉強をするなら低金利の教育ローンを使ってみよう

ローンと奨学金はちがうもの

コインと人形

教育ローンと奨学金はどちらも教育のために必要な費用を一時的に借りることができるシステムですが、どちらの方が良いのでしょうか?
そして、そもそもこの二つには何かしらの違いがあるのでしょうか?
ここでは、そうした部分について紹介していきます。

この教育ローンと奨学金の最大の相違点は、借りる人、そして返済する人の違いです。
学生の人が上記のシステムを利用する場合だと
教育ローンの場合は借りる人の親が借りる人になります。一方の奨学金では借りる人は自分自身となります。
返済する人も同じで、ローンの場合は親が、奨学金の場合は自分となります。
そのため、審査の基準についても教育ローンであれば親の要因が大きくあらわれるので気を付ける必要があります。

また、借りられるお金の支払い方法も二者間で違いがあるので注意しておきましょう。
教育ローンでは、一括で借りる額の全額が支払われるため計画的に借りた金額を利用する必要があります。
奨学金の場合、月ごとに一定の金額が支払われる形となるので、一度に大きな支払いをおこなうことは難しくなります。
このようにそれぞれにメリットデメリットがあるので、自分の家庭環境や生活状況などを顧みてどちらを利用するのかを考える必要があるわけです。

当然、どちらも返済の義務はあるのでそうした部分も考えて利用を進める必要があります。
また、この教育ローンや奨学金を併用して利用するといった方法も不可能ではないので、そうした道も一つの選択肢となっているのは忘れないようにしておきましょう。